研究所のトピック

植物熱耐性向上資材研究開発コンソーシアム設立式を行いました (2017年10月17日)

研究部門
グリーンバイオ研究部門
静岡新聞10月17日掲載記事              (静岡新聞社編集局調査部許諾済)

静岡新聞10月17日掲載記事              (静岡新聞社編集局調査部許諾済)

 平成2951日に静岡大学、三重大学、新潟大学、株式会社メニコンが共同で設立しました「植物熱耐性向上資材研究開発コンソーシアム」に関し、本学において1016日に設立式を挙行し、学内に推進室(専用のラボ)を下記の通り開室しましたので、ご報告申し上げます。

 

 本コンソーシアムは、平成264月より開始した本学グリーン科学技術研究所、株式会社メニコンとの共同研究から派生した組織であり、「植物熱耐性向上資材」の製品開発を目指すものです。既に関連技術は、共同特許出願を実施しております。また、将来の商品化は株式会社メニコンが担います(平成31年の商品化を目指す)。本推進室開室に伴い、より一層本コンソーシアムの研究開発が推進され、商品開発に寄与するものと考えます。

 

 

<推進室設置場所>

静岡学 静岡キャンパス 総合研究棟 425号室

 

<研究代表者>

静岡大学 グリーン科学技術研究所        教授 原 正和

三重大学 生物資源学部                   教授 平塚 伸

新潟大学 農学部                            教授 三ツ井 敏明

株式会社メニコン 生産開発統括本部      課長 杉江 稔正

  

<研究概要>

地球温暖化の進行により、毎年のように平均気温が上昇しており、特に夏の酷暑は農作物へ多大な悪影響(高温障害)を及ぼします。酷暑による水稲の白未熟粒の発生は有名であり、農家の収益に影響を及ぼすことが知られています。

本学グリーン科学技術研究所原教授は、10年程前より植物に対する熱ショック応答(熱ショックタンパク質:heat shock proteinの発現)について研究しております。その研究の過程で、様々な物質により、植物は熱耐性を獲得できることを発見しました。その後、株式会社メニコンと共同研究を推進し、有望な物質Xを発見することができました。

この度、この物質Xを用いた農業資材の商品化を目指し、三重大学平塚教授、新潟大学三ツ井教授も加わって、共同で商品化に向けた様々な取り組み(本コンソーシアムの設立)を行いました。

 

<分担>

静岡大学 グリーン科学技術研究所        実験植物を用いた熱ショック応答のメカニズム解明

三重大学 生物資源学部                   果樹を用いた有効性確認、メカニズム解明

新潟大学 農学部                            水稲を用いた有効性確認、メカニズム解明

株式会社メニコン                             効果を示す農作物の探索、商品化推進業務