総合研究棟 ご利用方法

静岡大学グリーン科学技術研究所研究支援室分子構造解析部利用要項

この要項は、静岡大学グリーン科学技術研究所研究支援室利用規則(以下「利用規則」という。)第8条の規定に基づき、静岡大学グリーン科学技術研究所研究支援室分子構造解析部(以下「分子構造解析部」という。)の利用に関し、必要な事項を定める。

(機器管理責任者)

第1条 分子構造解析部の機器ごとに機器管理責任者をおく。
機器管理責任者は、本学の教職員のうちから静岡大学グリーン科学技術研究所研究支援室長(以下「室長」という。)が選任する。
機器管理責任者は、機器の操作、保守、管理及び利用者の指導に関する業務を行い、必要に応じて機器の管理状況を室長に報告するものとする。

(利用者の資格)

第2条 分子構造解析部を利用することができる者(以下「利用者」という。)は、次の各号に掲げる者とする。
  (1)自ら機器を利用して測定等を行う者
(2)機器による測定等を分子構造解析部に依頼(以下「依頼測定」という。)する者
(3)その他室長が適当と認める者

(利用時間及び利用できない日)

第3条 利用時間は原則として9時から16時30分までとする。
分子構造解析部は、次の各号に掲げる期間は利用することができない。
  (1)土曜日及び日曜日
(2)国民の祝日に関する法律に規定する休日
(3)12月26日から1月6日まで
(4)保守点検日

(利用の申請・承認・取消)

第4条 分子構造解析部を利用しようとするときは、当該教育研究に責任を持つ教職員の代表者(以下「利用責任者」という。)が、分子構造解析部の利用申請用ウェブページから申請すること。
常勤の教職員は必ず利用責任者となり、利用申請を行うこと。
利用責任者の研究室に所属していない学生を利用者として申請することはできない。
室長は、第1項の申請を承認したときは、その旨を利用責任者に通知し、利用者の登録を行うものとする。
前項の承認を受けた利用責任者が、申請書の記載事項を変更しようとするときは、改めて申請書を分子構造解析部管理室へ提出すること。
室長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、その者に係る利用の承認を取り消し又は利用を一定期間停止することができる。
 
(1)この要項及び利用規則に違反したとき
(2)利用が申請した利用計画と相違したとき
(3)分子構造解析部の運営に支障を与えるおそれがあるとき又は生じさせたとき

(実験室等の利用)

第5条 実験終了後は、整理、整頓、清掃、試薬及び器具の保管を利用者の責任で行うこと。

(設備機器の使用)

第6条 設備機器の使用は、第4条第4項の承認を得た利用者に限る。
事前に予約を要する設備機器を使用するときは、予約を行った上で使用すること。
使用記録簿が用意されている機器を使用するときは、使用の都度、使用記録簿に必要事項を記入すること。
機器に異常があるときは、直ちに機器管理責任者及び分子構造解析部教職員に連絡すること。

(機器の搬入・搬出)

第7条 利用者が分子構造解析部に持ち込む機器は、必要最小限のものとし、あらかじめ様式1「機器搬入・搬出申請書」を提出し、室長の許可を得なければならない。
搬入する機器には、利用責任者の氏名、所属及び連絡先を明記すること。

(中止の措置)

第8条 利用責任者は、年度途中において分子構造解析部の利用を中止するときは、速やかに分子構造解析部管理室に報告しなければならない。

(経費の負担)

第9条 利用責任者は、分子構造解析部利用に伴う下記の経費を負担する。
  (1)基本料
(2)使用料
消耗品(試薬、溶媒等)は、利用者が用意すること。
分子構造解析部からスペースを借りて機器を設置する場合は、その機器の使用に係る光熱水料のほかに、年度毎に別表に掲げるレンタルスペース料を負担する。
依頼測定を行う場合は、別表に掲げる依頼測定料を負担する。

(安全確保)

第10条 化学物質等による汚染には、十分留意し定期的に確認を行うものとする。
万一汚染が生じたときは、直ちに機器管理者、分子構造解析部教職員、及び安全衛生管理者に連絡するとともに、汚染拡大の防止、当該実験室外への漏出防止等、必要な措置を講じなければならない。
室長は、汚染が生じたとき又は汚染が生じるおそれのあるときは、直ちに当該実験室を立入禁止とする。
汚染が未報告であり、後日その原因が特定されたときは、利用責任者に伝え、以後の使用を禁止する。
利用者は、設備機器の使用に係る事故に十分留意すること。

(災害発生時の措置)

第11条 利用者は、地震又は当該実験室内で火災が生じたとき又はその危険性が生じたときは、直ちに分子構造解析部管理室に通報するとともに、次の各号に掲げる措置を講じなければならない。
  (1)火災の場合は、可能な限り初期消火に努めること
(2)災害により化学物質等による汚染が生じた場合は、拡大の防止に努めた後、消毒等の必要な措置を行うこと
(3)身体に危険を感じた場合は、非常口等から直ちに脱出すること
(4)被災した利用者がいる場合は、保健センターに連絡する等の措置を行うこと
分子構造解析部管理室には次の各号の事項について、通報しなければならない。
  (1)発生時刻
(2)発生場所
(3)災害の状況(被災者の有無を含む)
(4)通報者の所属、氏名

(利用者の責務)

第12条 利用者は、この要項に定めるもののほか、利用規則及び各機器の使用上の注意事項を遵守しなければならない。
利用者は、分子構造解析部を利用して行った研究等の成果を論文等により公表するときは、当該論文等に分子構造解析部を利用した旨を明記、或いは分子構造解析部において利用された装置が具体的に分かる情報(メーカー、機器名、型式等)を明記し、このことを分子構造解析部管理室に速やかに報告しなければならない。
附 則 この規則は、平成26年1月8日から施行する。

静岡大学 グリーン科学術研究所

〒422-8529
静岡市駿河区大谷836

電話:054-238-4264
[平日 9:30〜16:30]

FAX:054-238-4312