ニュース

2019年01月25日

朴教授の研究がBiotechnology journalの裏表紙に採択されました

グリーンケミストリー部門 朴教授の研究が、Biotechnology journalの裏表紙に採択されました。

多様なナノ粒子やナノ材料が有する光特性や電気化学的性質などのシグナル変換機能がウイルス検出に有効に用いられる事例、例えば磁気によるウイルスの分離、局在表面プラズモン共鳴現象による蛍光検出などが紹介されております。