教職員

二又裕之
( ふたまたひろゆき )

グリーンエネルギー研究部門 

コア教員

教授

thfutam[atmark]ipc.shizuoka.ac.jp

053-478-1178

環境微生物生態工学研究室HP別ウィンドウが開きます

1.「塩素系化合物による汚染環境の浄化に向けたバイオレメデェーション」:有用な脱塩素化微生物の選択的活性化技術を微生物生態学的に検討。

2.「健全な水環境の保全に向けた微生物生態学的解析」:実際の湖を対象として硝化アーキア・脱窒細菌について動力学的、分子生態学的解析、微生物の分離を実施し、実態の把握と潜在力向上について解析。

3.「微生物燃料電池およびバイオミネラリゼーション」:微生物燃料電池の効率化を検討。特に、微生物が生成する蓄電性物質の効率化、生成機構の解明、微生物燃料電池の二次電池化等実施。

 4.「微生物生態系の仕組みを理解する」:複合微生物系をいかに制御するのかが重要な課題。モデル微生物生態系を構築し相互作用や代謝ネットワークについて実験的解析を実施。

外部資金獲得

[1]. 微生物生態系における発現機能の多様性と調和機構の解明 (2015年4月) 挑戦的萌芽研究 代表

[2]. 微生物により生成される新規蓄放電物質の生成機構の解明 (2014年4月) 基盤研究(B) 代表

[3]. 脱塩素化集積物における代謝ネットワーク構造の解明とモデル系の構築 (2012年4月) 挑戦的萌芽研究 代表

[4]. 高効率型微生物燃料電池における微生物共生システムの解明 (2009年4月) 基盤研究(B) 代表

[5]. 高浄化効率を誘導する異種微生物間ネットワーク構造の解明 (2009年4月) 挑戦的萌芽研究 代表

論文

[1]. Draft Genome Sequence of Comamonas testosteroni R2 Consist of Aromatic Compound Degradation Genes for Phenol Hydroxylase
Genome Announcements 5/36 e00875-17- (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]Fatma Azwani & Hiroyuki Futamata
[共著者]Kenshi Suzuki & Masahiro Honjyo & Yosuke Tashiro

[2]. 微生物生態系の理解に向けた挑戦 〜微生物を用いた環境浄化の取り組みを緒として〜
に本土壌微生物学会誌 (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]二又 裕之
[共著者]鈴木研志、Fatma Azwani Abdul Aziz
[備考] 結果と考察の一部

[3]. Interaction of bacterial membrane vesicles with specific species and their potential for delivery to target cells
Frontiers in Microbiology (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Yosuke Tashiro
[共著者]Yusuke Hasegawa$Masaki Shintani$Kotaro Takaki$Moriya Ohkuma$Kazuhide Kimbara$Hiroyuki Futamata
[備考] 結果の一部、考察の一部

[4]. Generation of small colony variants in biofilms by Escherichia coli harboring a conjugative F plasmid
Microbes and Environments (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Yosuke Tashiro
[共著者]Hiroaki Eida$Satoshi Ishii$Hiroyuki Futamata$Satoshi Okabe
[備考] 結果と考察の一部

[5]. Editorial: Development of microbial ecological theory: stability, plasticity and evolution of microbial ecosystems
Frontiers in Microbiology (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Shin Haruta
[共著者]Hiroyuki Futamata, Yasuhisa Saito
[備考] 微生物生態系の挙動解析と共存機構解明に向けた展望

[6]. Draft genome sequence of Pseudomonas sp. LAB-08 isolated from trichloroethene contaminated aquifer soil
Genome Announcements 4/5 e00948- 16 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]二又 裕之
[共著者]Kenshi Suzuki, Fatma AA Aziz, Yuma Inuzuka, Yosuke Tashiro
[備考] ほぼ全文を担当

[7]. Comparison of electrochemical and microbiological characterization of microbial fuel cells equipped with SPEEK and Nafion membrane electrode assemblies
Journal of Bioscience and Bioengineering 122/3 322- 328 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]二又 裕之
[共著者]Kei Suzuki, Rubaba Owen, Joann Mork, Hiroki Mochihara, Takuya Hosokawa
[備考] 全文を担当

[8]. Interspecies interactions are an integral determinant of microbial community dyanamics
Frontiers in Microbiology (vol)/(num) 01148- (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]二又 裕之, Fatma Azwani Abdul Aziz
[共著者]Kenshi Suzuki$Akihiro Ohtaki$Keita Sagegami$Hidetaka Hirai$Jun Seno$Naoko Mizuno$Yuma Inuzuka$Yasuhisa Saito$Yosuke Tashiro$Akira Hiraishi
[備考] ほぼ全般

[9]. Complexities of cell-to-cell communication through membrane vesicles.
Frontiers in Microbiology 6/ 633- (zzz) (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Yusuke Hasegawa
[共著者]Hiroyuki Futamata, Yosuke Tashiro
[備考] Introduction および Discussionの一部

[10]. クロロエテン類脱塩素化における種間水素伝達系の特性解析と活性化
第21回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演要旨集CD-ROM (paper No. 128) (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]二又 裕之
[共著者]岸本 亮太、鈴木健司、田代 陽介
[備考] 全文を担当

[11]. 富栄養化閉鎖性汽水湖における窒素循環に関与する微生物生態系の解析と評価
第21回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演要旨集CD-ROM (paper No. 113) (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]二又 裕之
[共著者]杉山和哉、工藤勇人、倉橋正典、杉浦佳樹、田代陽介
[備考] 全文を担当

[12]. Inhibition of Pseudomonas aeroginosa swarming motility through 1-naphtol and other bicyclic compounds bearing hydroxyl groups.
Applied Environmental Microbiology 81/8 2808 - 2818 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Yosuke Tashiro
[共著者]Hiromu Oura, Masanori Toyofuku, Kousetsu Ueda, Tatsunori Kiyokawa, Yurika Takahashi, Seunguk Lee, Hideaki Nojiri, Toshiaki Nakajima-Kambe, Hiroo Uchiyama, Hiroyuki Futamata, Nobuhiko Nomura
[備考] Disucssion部分

[13]. 膜電極複合体を装着した微生物燃料電池における電気生産特性と細菌群集構造
日本生物工学会誌 93/2 78-78 (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]二又 裕之
[共著者]Rubaba Owen, 荒木葉子, 山本脩二, 鈴木渓, 坂本尚敏, 松田厚範
[備考] 全文を担当(研究内容も指導)

[14]. Different communities dynamics are capable of generating sustainable electricity from microbial fuel cell with organic wastes
Microbes and Environments 29/2 145-153 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]二又 裕之
[共著者]Shuji Yamamoto, Kei Suzuki, Yoko Araki, Hiroki Mochihara, Tetsuya Hosokawa
[備考] 全体(論文の構成、執筆、図表作成、reviewerとの対応)を対応。
[URL]
[15]. 微生物生態系の「しなやかさ」に迫る
日本微生物生態学会誌 26/1 18-20 (2014年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]二又 裕之
[備考] 全文を担当

[16]. Performance comparison of microbial fuel cells equipped with different membrane electrode assemblies.
Journal of Physics Conference Series/433 (2013)-012022 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Rubaba Owen
[共著者]Yoko Araki, Shuji Yamamoto, Kei Suzuki, Hisatoshi Sakamoto, Atsunori Matsuda
[備考] 全文を担当

[17]. Challenge for complex microbial ecosystems: combination of experimental approaches with mathematical modeling.
Microbes and Environments 28/3 285-294 (2013年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]Hiroyuki Futamata
[共著者]Shin Haruta, Takehito Yoshida, Yoshiteru Aoi, Kunihiko Kaneko
[備考] "Trends in understanding the dynamics of micobial ecosystem"の執筆、全体の構成、reviewerとのやり取り、を担当。

[18]. Electricity producing property and bacterial community structure in microbial fuel cells equipped with membrane electrode assembly.
Journal of Bioscience and Bioengineering 116/1 106-113 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]Hiroyuki Futamata
[共著者]Owen Rubaba, Yoko Araki, Shuji Yamamoto, Kei Suzuki, Hisatoshi Sakamoto
[備考] 全文を担当。

[19]. 乳酸供給微生物燃料電池構築における土壌微生物の適応
Journal of Bioscience and Bioengineering 115/1 58-63 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]二又 裕之, Futamata
[共著者]H. O. Bretschger, Andrea C. M. Cheung, J Kan, R. Owen, K. H. Nealson.
[備考] 全文を担当

[20]. Complete genomic structure of Bradyrhizobium sp. S23321: Insights into symbiosis evolution in soil oligotrophs.
Microbes and Envrionments 27/3 306-315 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]1. Okubo T.
[共著者]T. Tsukui, S. Okamoto, K, Oshima, T. Fujisawa, A. Saito, H. Futamata, S. Yamamoto, K. Minamisawa他40名
[備考] 結果とDiscussionの一部を担当。

[21]. Isolation and functional gene analysis of aromatic-hydrocarbon-degrading bacteria from a polychlorinated-dioxin-dechlorinating process.
Microbes and Environments 27/ 127-135 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Shinichi Kaiya
[共著者]Sachi Utsunomiya, S. Suzuki, N. Yoshida, H. Futamata, T. Yamada
[備考] 結果とDiscussionの一部を担当。

[22]. Isolation and functional gene analysis of aromatic-hydrocarbon-degrading bacteria from a polychlorinated-dioxin-dechlorinating process.
Microbes and Environments Epub/Epub Epub- (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]2. Kaiya
[共著者]S., S. Utsunomiya, S. Suzuki, N. Yoshida, H. Futamata, T. Yamada, A. Hiraishi.
[備考] 結果とDiscussionの一部を担当。

[23]. 異分野融合による微生物生態システムの理解〜微生物生態学に新展開はあるのか〜
日本微生物生態学会誌 26/1 31 (2011年)
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]春田伸
[共著者]二又裕之
[備考] /共著担当箇所(p31)

[24]. Removal of polychlorinated dioxins by semi-aerobic fed-batch composting with biostimulation of "Dehalococcoides".
J. Biosci. Bioeng. 109/3 249-256 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Akira Hiraishi
[共著者]Takeshi Narihiro, Shinichi Kaiy, Hiroyuki Futamata
[備考] 結果、Discussion部分を担当

[25]. Removal of polychlorinated dioxins by semi-aerobic fed-batch composting with biostimulation of “Dehalococcoides".
J. Bioscience and Biotechnology 109/3 249-256 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Narihiro
[共著者]T. S. Kaiya, H. Futamata, A. Hiraishi
[備考] 結果とDiscussionの一部を担当

[26]. Relationship between reductive- dehalogenase-homologous genes transcriptional level and dechlorinating activity in “Dehalococcoides"-containing tetrachloroethene-dechlorinating enrichment culture TUT2264.
Microbes and Environments 24/4 330-337 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Futamata
[共著者]H., S. Kaiya, M. Sugawara, A. Hiraishi.
[備考] 全文を担当。