教職員

大西利幸
( おおにしとしゆき )

グリーンバイオ研究部門 

サブコア教員

准教授

dtonish[atmark]ipc.shizuoka.ac.jp

054-238-3082

私は植物、特に樹木の化学防御システムを解明することに取り組みます。根を張った土地で一生を全うする植物は、常に生物ストレスや環境ストレスに曝され、その結果多様な防御システムを獲得し進化させてきました。昆虫や微生物から身を守る生理活性物質(二次代謝産物)の生合成も防御システムの一つと考えられます。私は樹木の二次代謝産物の生合成に注目し、化学的視点から樹木の生存戦略=生命現象を物質レベルで解き明かすことを目的とします。

外部資金獲得

[1]. 植物防御応答を司る「香り」の配糖化メカニズムの解明 ( 2017年4月 〜 2020年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. 動物ステロイドホルモンが制御する植物の性分化ロジックの解明 研究課題 ( 2016年4月 〜 2018年3月 ) 新学術領域研究(研究領域提案型) 代表

[3]. 数理解析を基盤とした茶栽培・製造過程での二次代謝産物変動の予測システム化 ( 2015年7月 〜 2018年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[4]. 植物ポテンシャルを利活用した新しい酵素機能同定法の構築 ( 2014年4月 〜 2017年1月 ) 若手研究(B) 代表

[5]. 樹木の化学防御機構におけるオレウロペインの生物有機化学的研究 ( 2011年4月 〜 2014年3月 ) 若手研究(B) 代表

論文

[1]. Occurrence of brassinosteroids in non-flowering land plants, liverwort, moss, lycophyte and fern.
Phytochemistry. 136/(num) 46-55 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]横田 孝雄
[共著者]大西 利幸

[2]. Abscinazole-E3M, a practical inhibitor of abscisic acid 8'-hydroxylase for improving drought tolerance
Sci Rep 14/6 37060- (zzz) (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]Todoroki Y
[共著者]Takeuchi J, Ohnishi T

[3]. Biosynthesis of floral scent 2-phenylethanol in rose flowers
Biosci Biotechnol Biochem 80/10 1865-1873 (2016年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]Watanabe S
[共著者]Ohnishi T, Hirata H

[4]. 茶の香り成分の貯蔵に関わる配糖体化酵素の解明
バイオサイエンスとインダストリー 74/2 129-131 (2016年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]大西 利幸

[5]. Seasonal induction of alternative principal pathway for rose flower scent.
scientific reports srep20234/srep20234 srep20234-srep20234 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Watanabe N
[共著者]Hirata H, Ohnishi T, Ishida H, Tomida K, Sakai M
[備考] バラ香気成分2-phenylethanol生合成経路の季節変動の生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした。
[URL]
[6]. Characteristic Fluctuations in Glycosidically Bound Volatiles during Tea Processing and Identification of Their Unstable Derivatives.
J Agric Food Chem 64/5 1151-1157 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Tong H
[共著者]Ohnishi T, Mizutani K, Okamoto M, Watanabe N
[備考] 配糖体の分析

[7]. Characteristic Fluctuations in Glycosidically Bound Volatiles during Tea Processing and Identification of Their Unstable Derivatives
Journal of Agricultural and Food Chemistry 64/5 1151-1157 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]Tong H
[共著者]Watanabe S

[8]. Lactic acid is a sperm motility inactivation factor in the sperm storage tubules
scientific reports srep17643./srep17643. srep17643.-srep17643. (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Sasanami T
[共著者]Matsuzaki M, Ohnishi T, Sato Y, Kohsaka T, Ichikawa Y
[備考] NMR解析を行った
[URL]
[9]. 植物の生長および化学防御に関わるテルペノイド生合成の生物有機化学的研究
植物の生長調節 50/1 28-39 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]大西 利幸

[10]. A conserved cytochrome P450 evolved in seed plants regulates flower maturation.
Molecular Plant 2052/2 00363-00369 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者] Renault H
[共著者]Liu Z, Boachon B, Ohnsihi T, Werck-Reichhart D, Renault H
[備考] シトクロムP450酵素の発現解析 IF = 6.337 (2014)

[11]. Conformationally restricted 3'-modified ABA analogs for controlling ABA receptors.
Org Biomol Chem. 13/14 4278-4288 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Todoroki Y.
[共著者]Takeuchi J, Ohnishi T, Okamoto M
[備考] 植物ホルモンアブシジン酸受容体の発現
[URL]
[12]. Volatile Glycosylation in Tea Plants: Sequential Glycosylations for the Biosynthesis of Aroma β-Primeverosides Are Catalyzed by Two Camellia sinensis Glycosyltransferases.
Plant Physiology 168/2 464-477 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]Ohnsihi T
[共著者]Ohgami S, Ono E, Toyonaga H, Watanabe N, Ohnsihi T
[備考] 研究実施の統括および論文執筆
[URL]
[13]. Conformationally restricted 3'-modified ABA analogs for controlling ABA receptors
Organic & Biomolecular Chemistry 13/14 4278-4288 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Todoroki Y
[共著者]Ohnishi T

[14]. Identification and characterization of Camellia sinensis glucosyltransferase, UGT73A17: a possible role in flavonol glucosylation
Plant Biotechnology / - (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]Ohnsihi T
[共著者]Ohgami S, Ono E, Toyonaga H, Watanabe N, Ohnsihi T
[備考] 研究実施の統括および論文執筆
[URL]
[15]. Carlactone is converted to carlactonoic acid by MAX1 in Arabidopsis and its methyl ester can directly interact with AtD14 in vitro.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 111/50 18084-18089 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Nomura T
[共著者]Abe S, Ohnishi T, Seto Y, Akiyama K, Yoneyama K
[備考] 植物ホルモン・ストリゴラクトンの酸化酵素について生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした
[URL]
[16]. Characterization of flower-inducing compound in Lemna paucicostata exposed to drought stress
TETRAHEDRON 70/33 4969-4976 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Watanabe N
[共著者]Murata A, Akaike R, Ohnishi T, Winterhalter P, Watanabe N
[備考] 分析に関する実験指導

[17]. The selectivity of 6-nor-ABA and 7'-nor-ABA for abscisic acid receptor subtypes.
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 25/17 3507-3510 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Todoroki Y
[共著者]Takeuchi J, Ohnishi T, Okamoto M, Todoroki Y
[備考] 受容体の異種発現およびin vitro assayの実験指導

[18]. Rationally designed abscisic acid analogues as antagonists of PYL-PP2C receptor interactions
Nature Chemical Biology 10/6 477-482 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Todoroki Y
[共著者]Takeuchi J, Okamoto M, Ohnishi T, Cutler SR, Todoroki Y
[備考] 受容体の異種発現およびin vitro assayの実験指導

[19]. Characterisation of odorant compounds and their biochemical formation in green tea with a low temperature storage process.
Food Chem. 148/(num) 388-395 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Watanabe N
[共著者]Katsuno T, Tomomura M, Baldermann S, Ohnishi T, Watanabe N

[20]. The Source of "Fairy Rings": 2-Azahypoxanthine and its Metabolite Found in a Novel Purine Metabolic Pathway in Plants.
Angewandte Chemie International Edition 53/6 1552- 1555 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Kawagishi H
[共著者]Choi JH, Ohnishi T, Morita A, Kan T, Kawagishi H
[備考] 活性化合物の定量分析

[21]. CYP345E2, an antenna-specific cytochrome P450 from the mountain pine beetle, Dendroctonus ponderosae Hopkins, catalyses the oxidation of pine host monoterpene volatiles
Insect Biochemistry and Molecular Biology 43/12 1142- 1151 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者] Keeling CI
[共著者]Henderson H, Maria Li, Ohnishi T., Bohlmann J
[備考] 酵素学的解析を担当
[URL]
[22]. Purification and gas chromatography-combustion-isotope ratio mass spectrometry of aroma compounds from green tea products and comparison to bulk analysis.
J Agric Food Chem 61/47 11321-11325 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Winterhalter P
[共著者]Murata A, Engelhardt UH, Ohnishi T, Watanabe N, Winterhalter P

[23]. Enhancement of production of eugenol and its glycosides in transgenic aspen plants via genetic engineering
Biochemical and Biophysical Research Communications 436/1 73-78 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Koeduka T
[共著者]Suzuki S., Iijima Y., Ohnishi T.
[備考] 酵素学的解析および分析化学解析を担当。
[URL]
[24]. CYP714B1 and CYP714B2 encode gibberellin 13-oxidases that reduce gibberellin activity in rice.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 110/5 1947-1952 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Yamaguchi S
[共著者]Ohnishi T, Magome H, Nomura T, Hanada A, Takeda-Kamiya N
[備考] 植物ホルモン・ジベレリンC-13位水酸化酵素について生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした
[URL]
[25]. Rice CYP90D2 and CYP90D3 catalyze C-23 hydroxylation of brassinosteroids in vitro.
Plant Physiol Biochem. 58/ 220-226 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Sakamoto T
[共著者]Ohnishi T, Fujioka S, Watanabe B, Mizutani M
[備考] 植物ホルモン・ブラシノステロイドC-23位水酸化酵素について生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした
[URL]
[26]. CYP90A1/CPD, a brassinosteroid biosynthetic cytochrome P450 of Arabidopsis, catalyzes C-3 oxidation
The Journal of Biological Chemistry 287/37 31551-31560 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]Ohnishi T
[共著者]Godza B, Watanabe B, Fujioka S, Hategan L, Ide K
[備考] 植物ホルモン・ブラシノステロイドC-3位酸化酵素について生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした。
[URL]
[27]. 針葉樹の化学防御物質ジテルペン樹脂酸の生合成
バイオサイエンスとインダストリー 70/5 365-369 (2012年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]大西 利幸
[URL]
[28]. 香りの生合成経路が季節によって変わる
化学と生物 50/8 570-576 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]渡辺修治
[共著者]大西 利幸, 平田拓, 大西利幸
[URL]
[29]. 植物由来のテルペンを介したEcological volatiles その分子基盤
植物の生長調節 46/1 58-67 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]大西 利幸
[共著者]有村 源一郎
[URL]
[30]. Abscinazole-E2B, a practical and selective inhibitor of ABA 8'-hydroxylase CYP707A
Bioorganic and Medicinal Chemistry 20/10 3162-3172 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Todoroki Y
[共著者]Okazaki M, Ueno K, Mizutani M, Hirai N, Ohnishi T
[備考] 植物ホルモン・アブシジン酸代謝酵素CYP707A1の異種細胞発現を行った。
[URL]
[31]. A conformationally restricted uniconazole analogue as a specific inhibitor of rice ent-kaurene oxidase, CYP701A6
Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters 22/9 3240-3243 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Todoroki Y
[共著者]Naiki K, Muramatsu T, Ohnishi T, Ueno K, Mizutani M
[備考] 植物ホルモン・ジベレリン生合成酵素CYP701A1の異種細胞発現に成功した。
[URL]
[32]. Functional characterization of aromatic amino acid aminotransferase involved in 2-phenylethanol biosynthesis in isolated rose petal protoplasts
JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY 169/5 444-451 (2012年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Watanabe N
[共著者]Hirata H, Ohnishi T, Ishida H, Tomida K, Sakai M
[備考] バラ香気成分2-phenylethanol生合成酵素aromatic amino acid aminotransferaseの生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした。
[URL]
[33]. Characterization of L-phenylalanine metabolism to acetophenone and 1-phenylethanol in the flowers of Camellia sinensis using stable isotope labeling
JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY 169/3 217-225 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Watanabe N
[共著者]Dong F, Yang Z, Baldermann S, Imazeki Y, Ohnishi T
[備考] チャ香気成分1-phnylethanolの生合成経路を明らかにした。
[URL]
[34]. 植物をもっとグリーンにする〜環境負荷を与える揮発性化合物の抑制
アロマリサーチ 13/4 (xxx) - (zzz) (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]松井健二
[共著者]肥塚崇男, 大西 利幸
[URL]
[35]. Evolution of diterpene metabolism: Sitka spruce CYP720B4 catalyzes multiple oxidations in resin acid biosynthesis of conifer defense against insects.
PLANT PHYSIOLOGY 157/4 1677-1695 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Bohlmann J
[共著者]Ohnishi T, Hamberger B, Hamberger B, Sguin A
[備考] ジテルペン樹脂酸生合成酵素CYP720B4の生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした。
[URL]
[36]. Triterpene functional genomics in licorice for identification of CYP72A154 involved in the biosynthesis of glycyrrhizin
PLANT CELL 23/11 4112-4123 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Muranaka T
[共著者]Seki H, Sawai S, Ohyama K, Mizutani M, Ohnishi T
[備考] グリチルリチン生合成酵素CYP72A154の生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした。
[URL]
[37]. Synthesis and biological activity of amino acid conjugates of abscisic acid
Bioorganic and Medicinal Chemistry 19/5 1743-1750 (2011年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Todoroki Y
[共著者]Narita K, Muramatsu T, Shimomura H, Ohnishi T, Mizutani M
[備考] 植物ホルモン・アブシジン酸アミノ酸複合体の生物有機化学的解析を行った。
[URL]
[38]. Abscinazole-E1, a novel chemical tool for exploring the role of ABA 8'-hydroxylase CYP707A
Bioorganic and Medicinal Chemistry 19/1 406-413 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Todoroki Y
[共著者]Okazaki M, Nimitkeatkai H, Muramatsu T, Aoyama H, Ohnishi T
[備考] 植物ホルモン・アブシジン酸代謝酵素CYP707A1の阻害剤Abscinazole-E1のin vitro阻害試験を行った。
[URL]
[39]. Functional characterization of rose phenylacetaldehyde reductase (PAR), an enzyme involved in the biosynthesis of the scent compound 2-phenylethanol.
JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY 168/2 88-95 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Watanabe N
[共著者]Chen XM, Sakai M, Hirata H, Ohnishi T, Baldermann S
[備考] バラ香気成分2-phenylethanol生合成酵素phenylacetaldehyde reductaseの生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした。
[URL]
[40]. Insights into the function and evolution of P450s in plant steroid metabolism.
Phytochemistry 70/17-18 1918-1929 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Mizutani M
[共著者]Ohnishi T, Yokota T
[備考] 植物ステロイドホルモン・ブラシノステロイド生合成の新規生合成経路を明らかにした
[URL]
[41]. Licorice beta-amyrin 11-oxidase, a cytochrome P450 with a key role in the biosynthesis of the triterpene sweetener glycyrrhizin.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 105/37 14204-14209 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Muranaka T
[共著者]Seki H, Ohyama K, Mizutani M, Ohnishi T, Saito K
[備考] グリチルリチン生合成酵素CYP88Dの生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした。
[URL]
[42]. Brz220 interacts with DWF4, a cytochrome P450 monooxygenase in brassinosteroid biosynthesis, and exerts biological activity
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 72/1 7-12 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Asami T
[共著者]Sekimata K, Ohnishi T, Mizutani M, Todoroki Y, Han SY
[備考] ブラシノステロイド生合成酵素CYP90B1の特異的阻害剤Brz220の阻害活性を明らかにした。
[URL]
[43]. C-23 hydroxylation by Arabidopsis CYP90C1 and CYP90D1 reveals a novel shortcut in brassinosteroid biosynthesis.
PLANT CELL 18/11 3275-3288 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Mizutani M
[共著者]Ohnishi T, Szatmari AM, Watanabe B, Bancos S, Szekeres M
[備考] 植物ホルモン・ブラシノステロイドC-23位水酸化酵素について生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした。
[URL]
[44]. Tomato cytochrome P450 CYP734A7 functions in brassinosteroid catabolism
Phytochemistry 67/17 1895-1906 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Mizutani M
[共著者]Ohnishi T, Nomura T, Watanabe B, Ohta D, Yokota T
[備考] 植物ホルモン・ブラシノステロイドC-26位水酸化酵素について生物有機化学的解析を行い、その酵素機能を明らかにした
[URL]
[45]. CYP724B2 and CYP90B3 function in the early C-22 hydroxylation steps of brassinosteroid biosynthetic pathway in tomato.
Biosci Biotechnol Biochem 70/9 2071-2080 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Mizutani M
[共著者]Ohnishi T, Watanabe B, Sakata K
[備考] 植物ホルモン・ブラシノステロイドC-22位水酸化酵素CYP724B2について生物有機化学的解析を行い、その機能を明らかにした
[URL]
[46]. Arabidopsis CYP90B1 catalyses the early C-22 hydroxylation of C27, C28 and C29 sterols.
Plant J. 45/5 765-774 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Mizutani M
[共著者]Ohnishi T, Fujita S, Watanabe B, Yokota T, Takatsuto S
[備考] 植物ホルモン・ブラシノステロイドC-22位水酸化酵素について生物有機化学的解析を行い、その酵素機能を明らかにした。
[URL]
[47]. Erect leaves caused by brassinosteroid deficiency increase biomass production and grain yield in rice.
NATURE BIOTECHNOLOGY 24/1 105-109 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Sakamoto T
[共著者]Ohnishi T, Morinaka Y, Sunohara H, Fujioka S, Ueguchi-Tanaka M
[備考] イネのブラシノステロイドC-22位水酸化酵素について生物有機化学的解析を行い、C-22位水酸化酵素が玄米増収の鍵酵素であることを明らかにした。
[URL]