遺伝子実験棟 ご利用方法

静岡大学グリーン科学技術研究所研究支援室ゲノム機能解析部利用要項

この要項は、静岡大学グリーン科学技術研究所研究支援室利用規則(以下「利用規則」という。)第8条の規定に基づき、静岡大学グリーン科学技術研究所研究支援室ゲノム機能解析部(以下「ゲノム機能解析部」という。)の利用に関し、必要な事項を定める。

(利用者の資格)

第1条 ゲノム機能解析部を利用することができる者(以下「利用者」という。)は、次の各号に 掲げる者とする。
  (1)静岡大学グリーン科学技術研究所研究支援室長(以下「室長」という。)の承認を得て、当該指導教員の指導のもとで利用する者
(2)その他室長が適当と認める者

(利用時間及び利用できない日)

第2条 利用時間は、9時から17時までとする。
ゲノム機能解析部は、次の各号に掲げる期間は利用することができない。
  (1)土曜日及び日曜日
(2)国民の祝日に関する法律に規定する休日
(3)4月1日から4月5日まで
(4)8月8日から8月15日まで
(5)12月26日から1月7日まで
(6)保守点検日
第1項及び第2項によりがたい場合は、事前に届け出ること。

(利用の申請・承認・取消)

第3条 ゲノム機能解析部を利用しようとするときは、当該教育研究に責任を持つ教職員の代表 者(以下「利用責任者」という。)が、次の各号に掲げる様式に必要事項を記入の上、ゲノム機能解析部管理室へ提出することにより申請すること。
  (1)様式1「グリーン科学技術研究所研究支援室ゲノム機能解析部利用登録申請書」
(2)様式1−2「グリーン科学技術研究所研究支援室ゲノム機能解析部利用者一覧表」
(3)様式2「グリーン科学技術研究所研究支援室ゲノム機能解析部特殊実験室利用申請書」 特殊実験室の利用を希望する場合のみ提出すること。
(4)様式3「グリーン科学技術研究所研究支援室ゲノム機能解析部実験室利用申請書」
セミナー室及びP1実験実習室で行う事業等の利用を希望する場合に提出すること。
当該年度にかかる申請は、前年度末にゲノム機能解析部が定めた期日までに行うこと。年度途中における申請については、随時受け付ける。なお、前項の申請によりゲノム機能解析部を利用できる期間は、申請年度の末日までとする。
遺伝子組換え実験を伴う利用においては、その実験が静岡大学遺伝子組換え実験安全管理規則(平成16年6月9日制定)(以下「管理規則」という。)の定める安全委員会の審査を経て、機関実験として承認されたものでなければならない。
室長は、第1項の申請を承認したときは、その旨を利用責任者に通知し、利用者の登録を行うものとする。
利用登録を受けた利用者の個人番号または学籍番号は、ゲノム機能解析部の入退館システムに登録し、教職員証または学生証での入退館を可能にする。
第4項の承認を受けた利用責任者が、申請書の記載事項を変更しようとするときは、改めて申請書をゲノム機能解析部管理室へ提出すること。
室長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、その者に係る利用の承認を取り消し又は利用を一定期間停止することができる。
  (1)この要項、研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置等を定める省令(平成16年1月29日文部科学省・環境省令第1号)(以下「二種省令」という。)、管理規則及び利用規則に違反したとき
(2)利用が申請書記載の利用計画と相違したとき
(3)利用条件を守らないとき
(4)ゲノム機能解析部の運営に支障を与えるおそれがあるとき又は生じさせたとき

(実験室等の利用)

第4条 実験終了後は、整理、整頓、清掃、試薬及び器具の保管を利用者の責任で行うこと。特に、特殊実験室はよく清掃し、原状に復すること。
P3実験室で実験を行った者は、退出時に、様式4「遺伝子組換え実験作業記録簿」に記入すること。

(設備機器の使用)

第5条 設備機器の使用は、第3条第4項の承認を得た利用者に限る。
事前に予約を要する設備機器を使用するときは、予約を行った上で使用すること。
使用記録簿のある機器を使用するときは、使用の都度、使用記録簿に必要事項を記入すること。
ゲノム機能解析部を利用しようとする学生は、学生教育研究災害傷害保険付帯賠償責任保険に加入し、機器を破損させた場合には保険により修理すること。
機器に異常があるときは、直ちにゲノム機能解析部教職員に連絡すること。

(機器の搬入・搬出)

第6条 利用者がゲノム機能解析部に持ち込む機器は、必要最小限のものとし、あらかじめ様式5「機器搬入・搬出申請書」を提出し、室長の承認を得なければならない。
搬入する機器には、利用責任者の氏名、所属及び連絡先を明記すること。
搬入した機器の消費電力に応じて電気代を徴収する。

(終了または中止の措置)

第7条 利用責任者は、当該教育研究を終了又は中止したときは、速やかに実験区域内を原状に復するとともに、遺伝子組換え実験に由来するすべての廃棄物及び他の汚染された機器を消毒し、二種省令等に従って処理しなければならない。
利用責任者は、年度途中においてゲノム機能解析部の利用を中止するときは、速やかにゲノム機能解析部管理室に報告しなければならない。

(経費の負担)

第8条 利用責任者は、ゲノム機能解析部利用に伴う下記の経費を負担する。
  (1)登録料
(2)機器類利用料
(3)実験台利用料
(4)特殊実験室利用料
(5)その他消耗品費
利用者の不注意による機器等の損傷の修理費は、利用責任者の負担とする。
利用責任者の負担する経費については、4月から9月まで、10月から12月まで及び1月から3月までの期間毎に集計し、徴収するものとする。
負担する経費の額は別に定める。

(安全確保)

第9条 遺伝子組換え生物等による汚染には、十分留意し定期的に確認を行うものとする。
万一汚染が生じたときは、直ちにゲノム機能解析部教職員に連絡するとともに、汚染拡大の防止、遺伝子実験棟外への漏出防止等、必要な措置を講じなければならない。
室長は、汚染が生じたとき又は汚染が生じるおそれのあるときは、直ちに遺伝子実験棟を立入禁止とする。
汚染が未報告であり、後日その原因が特定されたときは、利用責任者に伝え、以後の使用を禁止する。
利用者は、設備機器の使用に係る事故に十分留意すること。

(災害発生時の措置)

第10条 利用者は、地震又は遺伝子実験棟内で火災が生じたとき又はその危険性が生じたときは、ゲノム機能解析部管理室に通報するとともに、次の各号に掲げる措置を講じなければならない。
  (1)火災の場合は、可能な限り初期消火に努めること
(2)災害により遺伝子組換え生物等による汚染が生じた場合は、拡大の防止に努めた後、消毒等の必要な措置を行うこと
(3)身体に危険を感じた場合は、非常口等から直ちに脱出すること
(4)被災した利用者がいる場合は、保健センターに連絡する等の措置を行うこと
ゲノム機能解析部管理室には次の各号の事項について、通報しなければならない。
  (1)発生時刻
(2)発生場所
(3)災害の状況(被災者の有無を含む)
(4)通報者の所属、氏名

(利用者の責務)

第11条 利用者は、この要項に定めるもののほか、二種省令、管理規則、利用規則及び各機器の使用上の注意事項を遵守しなければならない。
利用者は、ゲノム機能解析部を利用して行った研究等の成果を論文等により公表するときは、当該論文等にゲノム機能解析部を利用した旨を明記し、その論文等の写しをゲノム機能解析部管理室に速やかに提出しなければならない。
附 則  
この要項は、平成27年4月1日から実施する。
静岡大学グリーン科学技術研究所研究支援室ゲノム機能解析部利用要項(平成26年1月8日制定)は廃止する。

静岡大学 グリーン科学術研究所

〒422-8529
静岡市駿河区大谷836

電話:054-238-4264
[平日 9:30〜16:30]

FAX:054-238-4312